Mr.kMr.k

仮想通貨HEROのICOに参加される方は必見のNEWSです。

今週はHEROのプロジェクトでは様々はイベントがありました。

ゴールドマン・サックスとUniCreditの銀行の元マネージング・ディレクターが加入

Hero Tokenの成功に貢献する2人の強力なアドバイザー、Norbert GehrkeとMaurizio Raffoneが参加決定。

Norbert Gehrke


ゴールドマン・サックスとバークレイズの元マネージングディレクター。

Norbert Gehrkeは現在AIGジャパンホールディングスのストラテジーオフィスのシニアプログラムディレクターを務めています。

資本市場分野で豊富な経験を有し、バークレイズ・インベストメント・バンクのテクノロジー・プログラム・サービス(TPS)およびグローバル・テスト・センター(GTC)チームを担当するマネージング・ディレクター、
ゴールドマン・サックスのマネージング・ディレクターを務めるなど、フィンテック業界における革新的の財務顧問です。

Norbert Gehrkeは、財務技術、革新、混乱のさまざまな側面を探る900以上の個人のコミュニティである東京フィンテックミートアップの創設者で、近年は東京を拠点に活動しています。

また、ニューヨーク大学の専門学校、東京大学の非常勤講師を務めています。

素晴らしい学歴を持ち、ドイツのヴェーゼルにある応用科学大学(University of Applied Sciences)からコンピュータサイエンスおよびビジネス管理学の修士号を取得しています。

Maurizio Raffone


UniCredit Bank AGの元専務取締役

Maurizio Raffoneは、クレジット・デリバティブ、ストラクチャード・ファイナンス、およびファンド・マネジメントに関する専門知識を持つ国際金融分野で20年以上の経験を持ち、UniCredit Bank AGの元専務取締役、パートナーおよび共同最高責任責任者。

ケンブリッジ大学で経済学修士号を、ロンドン大学ロイヤルホロウェイ大学で経済経営学士号を取得しています。

彼によると「Hero Tokenプロジェクトは、私の主な個人的関心のうちの2つ、すなわち東南アジアを中心に金融へのアクセスを民主化し、拡大することを目的とした、強力な社会要素を持つ最新のブロックチェーン技術の使用を組み合わせています。

デイビッドの偉大な実績はそれ自身を語り、私はこの旅の一部となることを大変うれしく思っています。」

Hero Tokenチームの言及

「NorbertとMaurizioが私たちの専門家チームに加わったことで、Hero Tokenを通じた東南アジアの金融混乱を達成するための一歩近づきたいと考えています。」

HEROトークンの参加はこちら