アメリカCMEグループがビットコインの先物取引を開始しました

ビットコインはさらに高騰する!?1BTC=200万円代は近いかもしれない

アメリカの先物取引所を運営するCMEグループは、インターネット上の仮想通貨 ビットコインの先物の取り引きを今月18日に始めると発表し、今後、アメリカで仮想通貨の取り引きが活発化し、市場が拡大する可能性が出ています。

仮想通貨投資家の間でも来年2018年には1BTC=200万円代に到達する味方が強くなってきています。

そういった市況を受けて、シカゴにある先物取引所を運営するCMEグループがついに今月12月1日、ビットコインの先物を上場し、今月18日に取り引きを始めると発表しました。

CMEグループとは?

CMEグループは幅広く先物を扱う世界有数の取引所で、今回の上場によって、投資家は原油や金、為替などと同じようにビットコインの先物を売買できるようになります。

ビットコインは、取り引きのシステム変更をめぐる分裂の影響や、価格の上昇を見込んだ投機的な買い注文などで価格が乱高下し、ことしに入ってからは10倍以上値上がりしています。

このため、顧客の資産を運用する機関投資家などは、これまでビットコインへの投資には慎重でしたが、アメリカの大手取引所がビットコインの先物に参入することで、今後、取り引きが活発化し市場が拡大する可能性が出ています。

アメリカでは、シカゴ・オプション取引所も近くビットコインの先物の取り引きを始めることを明らかにしています。

参考記事:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171202/k10011244141000.html