ヒストリカルバックテストで得たい結果

トレード結果の内容

買いエントリー時

勝数
引き分け数
負数

売りエントリー時

勝数
引き分け数
負数

参照期間

現在に対して…

過去1年間のトレード結果
月単位のトレード結果

過去2年間のトレード結果
月単位のトレード結果

過去3年間のトレード結果
月単位のトレード結果

ロジックの概要については下記を参照して下さい。

使用インジケーター

BB

期間21
偏差3

MA(SMA)

数値:5.10.20

MACD

パラメーター
2.26.6

RSI

周期:14

RemainingTime_ja(カスタムインジケーター)

数値:デフォルト
※ローソク味の残り時間を測るもの

Support and Resistance(カスタムインジケーター)

数値:デフォルト
※レジサポラインを自動表示させるもの

河原さんロジック(カスタムインジケーター)

数値:デフォルト
※ロジックに基づいたサインツール

ロジック内容

時間足

1分足

通貨ペア

AUDJPY
NZDJPY

基本ロジック

現在の1分足の実体がレジサポライン(Support and Resistanceで自動表示)を超えた状態で、その足の残り3秒前でエントリー。
そのタイミングでレジサポラインから逆行している場合はノーエントリー。
レジサポラインのプライスに対してローソク足が±0でもノーエントリー。

勝敗の判定基準

WIN

買いエントリーに対して、3分後のプライスが+なら勝ち。
売りエントリーに対して、3分後のプライスが-なら勝ち。

DRAW

買いエントリーに対して、3分後のプライスが±0なら引き分け。
売りエントリーに対して、3分後のプライスが±0なら引き分け。

LOSE

買いエントリーに対して、3分後のプライスが-なら負け。
売りエントリーに対して、3分後のプライスが+なら負け。

エントリー条件の詳細

エントリー条件①「MACD」

買いでエントリー:MACDのシグナルが0よりプラス

売りでエントリー:MACDのシグナルが0よりマイナス

参考画像

エントリー条件②「3つの時間足でRSIチェック」

買いでエントリー:1分足、15分足、1時間足全てでRSIの数値が50より大きい時。

売りでエントリー:1分足、15分足、1時間足全てでRSIの数値が50より小さい時。

エントリー条件③「MA(SMA)」

買いでエントリー:現在のローソク足の終値が3つのMAの線より上にある。
※3つの線とは、MAの数値(期間):5.10.20の線。

売りでエントリー:現在のローソク足の終値が3つのMAの線より下にある。

ノーエントリー

ノーエントリー条件①「MACDの方向性」

1,MACDのシグナル値がマイナスなのに、現在のローソク足の終値がレジサポラインを上に超えた時。HIGHエントリーしない。
2、MACDのシグナル値がプラスなのに、現在のローソク足の終値がレジサポラインを下に超えた時。LOWエントリーしない。

参考画像

ノーエントリー条件②「同方向のエントリー制限」

エントリー回数は1トレンドあたり1回までとする。
※トレンド判断基準は下記参照

例えば、
上昇トレンド中
買いエントリーで1回まで。

上昇トレンド中に
2度目のHIGHエントリー条件が発生しても
2回目はエントリーしない。

その次に同じ買いでエントリー可能になるのは、
一本目のポジションが決済、
トレンドが売りトレンドへ逆転した後に
また買いトレンドに転換してから可能。

買いトレンドと売りトレンドの判断基準

MACDのシグナル値が+の状態で買いトレンド、-の状態で売りトレンドと判定する。

参考画像



–>