ドバイ発の仮想通貨取引所クロスエクスチェンジのXEXが急騰!自動取引マイニングで毎日XEXコインをゲットしよう

暗号資産マーケットは雪解けからバブル再来か!?

<約4倍の高騰を見せたXEX(ゼックス)トークン>

※仮想通貨取引所Cross Exchange

2019春以降、BTCをはじめMATIC、LINK、WAVESなどアルトコインの高騰が止まらない状況となってきた。
2018年は氷河期とするならば、今年は春の雪解けを彷彿とさせるマーケットだ。
そしてビットコインは翌年ついに半減期を迎える。
その影響でBTCの希少価値が必然的に高まる事からも、「相場は幾度かの調整を経て2017年の再来となるだろう」と有名なアナリストも声を上げて歓喜しているようだ。

そういった過去の氷河期も、その雪解けも経験してきたトレーダー達が今最も期待を寄せて参加しているのが、リスクなしで狙ったコインが毎日配当で増やせる「自動取引マイニング」だ。

今回「自動取引マイニング」という新しい仕組みを使って安定的に配当を狙える海外ドバイの仮想通貨取引所「クロスエクスチェンジ(Cross Exchange)」を紹介する。

ドバイといってもプラットフォームからメール対応に至って全て日本語対応されている。

「第二のドバイ」の第一号・政府公認仮想通貨取引所

昨年2018年11月にスタートしたクロスエクスチェンジの本拠地はなんとカスピ海に面し「第二のドバイ」とも呼ばれつつあるアゼルバイジャンだ。
ロシア、トルコ、イランに囲まれており、石油や天然ガスなどのエネルギー産業が盛んな国として知られる。
そしてクロスエクスチェンジはアゼルバイジャン政府から公式のお墨付きをもらっている仮想通貨取引所だ。

中東へあまり馴染みのない私達日本人にとっては、石油、戦闘、ドバイの富裕層といった印象のエリアだが、なぜこのアゼルバイジャンの仮想通貨取引所が狙い目なのか?

それにはこの地域特有の地政学的背景がある。

イラン、ロシア、トルコは現在米国政府からの制裁回避のために仮想通貨・ブロックチェーン分野での協調関係を強めているといわれる。

経済制裁と仮想通貨のマーケットは常に相対関係にある。

日本円やドルのように世界的優位を保っていない国にとっては、そういったリスク回避をする目的で仮想通貨へのエクスチェンジが頻繁に行われているからだ。

さらにアゼルバイジャンの隣国トルコでは、米国との関係悪化によっておこった通貨危機によって法定通貨に対する信頼が薄れていて、欧米よりも仮想通貨普及率が高いといわれるほど仮想通貨への認知が高まっている。
参考記事:https://coinchoice.net/turkish-crypto-currency-transactions-increase-sharply/

アゼルバイジャン政府が正式に認可した第一号の仮想通貨取引所として、クロスエクスチェンジはこの中東地域におけるコインベース的な地位を確率していく可能性が高いというわけだ。

そういった背景を元に中東版BINANCEとして多くの投資家が注目を寄せている。

アゼルバイジャンの首都バクー


Googleマップ

安定した配当を生み出す「自動取引マイニング」

そういった好況の再来を迎え、仮想通貨取引所ビジネスはまさに「戦国時代」といった状況だ。
バイナンス・HUOBI・OKEX等の中華勢、コインベース・クラーケン・ビットトレックス等の欧米勢、そしてビットメックスやデリビット等のFX勢、規制遵守を重視するbitflyerなどの日本勢等を後目に、ユーザーに新たな価値を提供するサービスを展開できなければ、政府のお墨付きがあったとしても見向きもされないだろう。

後発だからこそ圧倒的なアドバンテージを与える

クロスエクスチェンジは後発の仮想通貨取引所として、仮想通貨取引所の命綱ともいえる「手数料収入」の80%をユーザーに還元する戦略を取っている。 ここまでだと一時期流行った「配当系取引所トークン」と大差はないが、秘密兵器となるのが「自動取引マイニング」と「暴騰暴落のない取引所トークンXEX」だ。

ユーザーに対して即座かつ安定的に利益還元する斬新な仕組みをち密に設計して展開できるのは、後発ならではの強みだろう。

早速筆者も取引画面をトライしてみた。

手始めにBTCを入金し、BTCUSDT、ETHBTCを成行で決済した。
するとものの数分で間違いなくXEXトークンがキャッシュバックされた。

そして上記に記載された交換手数料分でキャッシュバックされたXEXとは別に、60XEXがキャンペーン報酬で配布されたのが確認できた。

クロスエクスチェンジの仕組みを解説したLPでは、先述の自動マイニングについても触れられている。
日本人向けキャンペーン

クロスエクスチェンジまとめ

1.簡単に説明すると、ユーザーはクロスエクスチェンジに仮想通貨ペアを入金し取引マイニングを行うと、XEXと呼ばれる取引所トークンを受け取ることができる。

2.入金された仮想通貨は自動的にボット取引がなされる。

3.実際の取引手数料は取引額の0.1%となるが、この相当額のXEXがもらえるので実質無料となる。

4.そして取引所に積もっていく手数料収益プールのうち8割が、毎日、ユーザーに配当として還元される。

しかもその際の配当はXEXではなく、最初に入金した仮想通貨建てで行われるからうれしい。
つまりXRP/BTCを入金した場合、XRPとBTCによる配当が実施されるわけだ。

XEX価格の上昇分を抜かしても、平均的に月間10%前後の配当があるという。

取引の手順

取引所の開設に不慣れなユーザーも多いだろう。
そこで簡単に使い方を紹介する。

クロスエクスチェンジ口座開設

まずは公式サイトから取引所の口座開設。

メールアドレスを入力後に認証ボタンを押すと、メールボックスに認証コードが届くはずだ。それを画面に入力する。
パスワードは半角英数字で大文字小文字数字を1つ以上使ったものにする必要がある。

実名認証

アカウントの開設が終わりログイン出来たら次は実名認証の手続きが必要だ。

まずは右上の人型アイコンからアカウントページに移動する。

そして左メニューにある実名認証をクリック。

ここではパスポートや運転免許証などのアップロードをする事で、アカウントの所有者が本人であるかどうかの確認をする。所謂KYC認証だ。
画面の指示にしたがって実名認証の申請が完了すると約1~2営業日ほどで審査が完了するようだ。

審査通過の通知はメールにて届けられる様になっている。

管理画面のウォレットにコインを送金する

他の取引所と同じ様にアカウント開設が終わったら元金としたいコインを自分のウォレットに送金する。

やり方は次の様にアカウントページのウォレット残高から行う。

リストの中から送金したいコインの入金を選択。

後は表示されたウォレットアドレスに送金する。

10ドル以上の取引をしてキャンペーン報酬60XEXを受け取るには

現在クロスチェンジでは、初回キャンペーンとして初めて10ドル位上のトレードをしたユーザーに60XEXのキャンペーン報酬を配布している。
これはおそらく期間限定となるもので、ある程度初期ユーザーの囲い込みが終了した段階で終了するものと思われる。

キャンペーン報酬の受け取りにはETHBTCのペアで取引をする。

トレードの手順

実際にコインの取引をするには画面左上の取引所にて行う。

トレードは下の画像のフローで行う。

1.左サイドメニューにてメインボードを選択。

2.BTCペアを選択。

3.ETHMTCをクリック。

4.3にてペアを選んでも瞬時にチャートの表示が切り替わらない場合は、ブラウザの再読込をするか、一度管理画面の別ページに移動した後に再度、取引所に戻る事で正常に切り替わる。

5.指値か成行を選択。

6.全額トレードしたい場合は100%を選択する。

7.後は売り買いのエントリーをするだけだ。

キャンペーン報酬の確認

前述の取引した後にウォレット履歴を確認すると、このようにXEXが入金となる。

自動マイニングの結果

マイニングを始めた翌日ウォレット残高を確認すると、次のように複数のアルトコインが配布されているのが確認出来た。

マイニングで得られる報酬のボリュームは保有しているXEXの残高に応じて可変する仕組みのようだ。

そうやってクラウドマイニングのメリットをもたせる事でさらにXEXの価値が上がるシステムが採用されている。

クロスエクスチェンジ検証まとめ

実際にサービスを体感してみた感じた事は、ポンジーやPUMPのような類ではなく本格的に市場優位性を保つ取り組みが行われている印象だった。

コインの交換手数料をXEXで補填する事でトレーダーのアドバンテージを上げる事で、トレーダーに対するXEXのエンゲージメントが上がる。

そしてXEXの保有量に応じて得られる自動マイニングのベネフィットはXEXの価格安定化とさらなる上昇につながる仕組みだ。

群雄割拠を要する仮想通貨取引所の実態は、日々目まぐるしい変化を見せているが中でも最も引き合いに出されるBINANCE。
先日BINANCEではCEOのCZ氏によるAMAセッションで証拠金取引開始が正式に公認となったばかりだ。

その影響もあってか今後のBINANCE FX(仮称)の取引にも使われるであろうBINANCEトークン(BNB)はさらなる価値の向上を見せた。

しかしBINANCEの盛況に便乗し、漁夫の利を見事得るには相応のトレーダースキルが不可欠だ。

そういった観点では、今回のクロスエクスチェンジのような自動マイニングシステムは、一切のトレーディングスキルさえ不要であり、仮想通貨市場全体の盛り上がりによって誰もが等しく恩恵を受けられるといった安定型のプログラムだ。

常にリスクが伴うトレーディングの世界に嫌気が指したユーザーは、ここ数ヶ月でクロスチェンジの様なマイニングシステムに頻繁に移動している。

コアな仮想通貨ファンの多い中東から広がりを見せるクロスチェンジ。

既にトレンドに敏感な日本人を筆頭に、海外ユーザーが増え続けているという。

今後の動向に期待できる取引所だ。

ぜひ一度肌に触れてみてその恩恵を授かってみて欲しい。

クロスエクスチェンジ公式サイト