POS(Proof of Stake)とは?【仮想通貨専門用語】

POS(Proof of Stake)プルーフオブステーク

特徴

・コインの保有量に応じてブロック承認の成功率が上がる

詳細

プルーフ・オブ・ステーク(以下「PoS」)は、PoWの代替システムにあたるものであり、アルトコインの一つであるピアコイン(Peercoin)で初めて導入されました。

同様のものにPOW(Proof of Work)があるが、PoWは保有する計算パワーである仕事量(Work)が大きい人ほどブロック承認の成功率が高い。

ソレに対してPoSは、「資産保有による証明」という意味があり、コインを多く持っている人ほど、ブロック承認の成功率が上がることを基本としています。

PoSはこのようなアルゴリズムであるため、PoWの問題点の一つとされている「51%問題」(悪意のある特定の個人やグループが採掘速度の51%以上を支配してしまうと、不正に二重支払いが可能になってしまうという状態)に対してより強力であるとされています。

その理由のひとつ目として、より多くのコインを有していないとブロック承認の成功確率を上げることができないので、そもそもコインを入手しなくてはならず、攻撃にかかるコストが高いということが挙げられます。

もう一つの特徴は、非常に多くのコインを保有しなければならないので、攻撃されたこによりコインの価値が下がってしまうため、自分自身の持つコインの価値も下がってしまい、攻撃を行うインセンティブがあまりないという理由もあります。

PoSを採用している代表的なコイン

ETH:イーサリアム
Qtum:クアンタム
NXT:ネクスト
WAVES:ウェーブズ
LSK:リスク
BAY:ビットベイ
NAV:ナブコイン
他多数